高齢妊娠 40代

体外受精・顕微授精記事一覧

体外受精の妊娠する確率は10%ほどと言われています。自然妊娠で5%くらいなので数字上では2倍です。ところが実際には40歳で7.7%、45歳になると0.6%と1%にも満たないくらいに成功率が低くなるのが現実なんですね。仮に、42歳で体外受精での成功率を10%とします。やっとの思いで妊娠できたとしても年齡が42歳です。今度は流産という壁が待ち構えています。40代の流産率はなんと40%もあるんです!体外...

不妊治療の中でも高度治療となる体外受精は治療費用が人工授精とは比べ物にならないくらいに高額になります。また、さらに上の顕微授精となると体外受精の費用プラス10万円くらいかかってきます。具体的な金額は病院によって設定金額が違うのですが、大まかな金額は以下のようになります。体外受精で採卵から胚移植まで治療した場合・・・・・約30万円から50万円くらい顕微授精を行った場合・・・・・約40万円から70万円...

体外受精では通常は1個しか育たない卵を薬や注射で複数個を作って、妊娠の確率を上げていきます。どの誘発用法にするかによって、採れる卵の数も違ってきますが、大事なのは、卵の数ではなくて、妊娠可能な卵子がいくつ採れるかという点にあります。量より質か、質より量かという論争が良く話題にのぼりますが、どちらが正解というものでもありません。40代という年齡を考えた場合、卵子の老化が進んでいることは現実として考え...

体外受精では、誘発方法が違うと治療のスケジュールも異なります。特に仕事と両立する場合には、前もって治療のスケジュールを知っておくことは大切です。そこで、各誘発方法によるスケジュールについて説明していきますね。

不妊治療をすると、いろいろな薬が出されます。どんな薬の種類があるのか、また、気になる副作用についてまとめてみましたので、参考にされてください。排卵誘発剤薬一覧主な効能・効果副作用についてクロミッド、セキソビッド、セロフェン(経口薬)排卵障害があるとき卵胞を複数個作るときの排卵誘発剤良い卵子を複数個作る子宮内膜が薄くなる頸管粘液が減るOHSS(卵巣過剰刺激症候群)にまれになるhMG製剤(HMG、パー...

40代の体外受精の成功率は多めにみても10%。でも現実はもっと低いんです。さらに、流産率が高いのも40代です。せっかく体外受精で妊娠できたと思っても40%くらいの割合で流産してしまいます。体外受精で失敗したのは受精できてもその後の分割が進まなかった、もしくは着床できなかったことが考えられます。また、流産は胎児の成長が止まったことが理由として考えられます。これらは主に卵子の染色体異常が引き起こしてい...

↓移植する卵子の数よりも、質の方が重要だったと実感しました!↓「胚移植で戻す卵は1個ですか?2個ですか?」突然の質問でごめんなさい・・・。胚移植をしている人はいつも何個移植しているのかずっと聞いてみたかったんです。こんにちは、美穂です。1個戻しか2個戻しか、なんだか究極の選択みたいですよね^^; いくつ戻すかは病院によっても考え方は違いますし、その人の年齡や治療歴によっても変わるので、一概にいくつ...

体外受精の治療中です。例えば胚移植をした後など、夫婦生活を持っても妊娠には影響しないのでしょうか?妊娠には影響しないから夫婦生活は普通に持っていいという医師と、着床に影響を与える可能性があるから、胚移植後から判定日までは控えるようにという考えの医師がいます。像)" align="right" />医師によって意見が分かれるということは、体外受精の治療中に夫婦生活を持ったとしても、その夫婦生活が妊娠...

顕微授精は体外受精と違い、人の手で元気が良い精子を一匹だけ選び、ピペットと呼ばれる器具を使って、直接卵子内に精子を注入します。ですから、その分だけ体外受精と比べると費用が高くなります。病院によって違いますが、だいたい体外受精の費用に3万から10万くらいが追加されます。また、顕微授精する卵子の数が多くなるほど費用もかさみます。では、顕微授精の成功率はどのくらいなのか見ていきましょう。体外受精と受精方...

顕微受精でも受精しないことがあります!管理人の私は最初の体外受精で10個の卵子すべてが受精に失敗したことから、それ以来ずっと長年顕微授精を続けてきました。残念ながら、顕微授精でも受精できないことってあるんです。顕微授精は培養士さんが顕微鏡で精子を直接見て、形や動きの良いものを1匹だけ選別して受精させます。したがって使われる精子は良い精子であるはずなんですがそれでも受精しないことがあります。顕微授精...