高齢 妊娠 40代

妊活をしないと40代の妊娠は困難です

40代で妊娠するには何をしたらいいのか、とことん調べて妊活をして、赤ちゃんが出来ました!

 

 

初めまして!このサイトを作りました美穂と申します。詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

 

私も高齢で不妊治療をしていたんです。でも失敗ばっかりで・・・。お金ばかりが飛んでいきました。それでも妊娠を諦められなかったので、いろいろ自分で調べて取り入れた方法で、だんだんと結果が上向きに変わってきて・・・。

 

 

そして、ついに妊娠することができたんです!

 

 

妊娠するためには何をしたらいいのか、何が悪いのか。必死になって調べて勉強して、実践しました。

 

 

40代といういわゆる「高齢」でも妊娠したいと頑張っているけど、結果がでなくて苦しんでいるあなたへ。

 

 

私の経験と知識をこのサイトでまとめています。お役に立てれば幸いに思います。よろしくお願いします。

 

 

 

高齢になると妊娠しにくい3つの理由

精子と卵子が老化するから

 

 

35歳を境に、精子と卵子が老化していきます。40歳を超えると、老化の進み具合が速くなります。老化することは、つまりは「妊娠できる力を失う」ことになるんですね。特に卵子は精子のように新しく作られません。

 

 

40歳なら卵子も40年が経っている状態なんです。

 

 

具体的な老化現象では、

 

・質が悪くなる
・数が減ってくる

 

体外受精をして採卵するとよく分かりますよ。同じ治療なのに、成熟卵がだんだん採れなくなってくるんですよね・・・。

 

 

生理があっても妊娠できる卵子が排卵しているとは限らないんです。

 

 

精子や卵子あっての妊娠です。老化は止めることは不可能ですが、進行を遅らせることは可能です。元気な精子や卵子がゼロでもないので、可能性はまだあるんですよ。

 

染色体異常が増えるから

 

 

染色体異常は卵子側で発生することが多いようです。主な原因は「老化」です。そう、ここでも老化なんですよ・・。

 

 

染色体異常のある卵子だと、

 

・分割が止まる
・着床しない
・妊娠しても流産する
・ダウン症などの障害が出る

 

というリスクが高くなります。実は私は2回流産したのですが、2回とも原因は染色体異常でした。

 

 

40代になると染色体異常って決して少なくないんです。

 

流産率が高くなるから

 

 

実は1も2もそして今からお話するこの3もすべて繋がっているんですけど。流産も原因は「卵子の老化による染色体異常」であることが大半なんですね。

 

 

さきほどもお話したのですが、私が流産したのも染色体異常ですしね。

 

 

特に40代の流産率は急激に高くなるんですよ・・・。それもほとんどが初期で起こります。そう、初期の流産って原因は受精卵側にあるんですよね。

 

 

妊娠が継続できるだけの生命力がなかったんです。受精して着床して妊娠成立。心拍確認までいっても、そこで成長が止まってしまい、流産になるケースも多いんですね。

 

質の良い卵子作りが一番重要です

妊娠するためには、質の良い卵子を1個でもいいから作ること!

 

 

私が不妊治療で通っていた病院の先生に言われた言葉です。

 

・受精卵のグレードが良いほうがいい
・分割スピードが早いほうがいい
・子宮内膜が厚いほうがいい

 

いろいろ言われていますよね。私もすごく敏感になっていましたよ。毎回「グレードはどう」とか「3日目で6分割。ちょっと遅いかな」とか・・・。

 

 

でも、グレードもスピードも厚さもあまり関係ないんですよ。グレードが低くても妊娠します。スピードが遅くても妊娠します。内膜が多少薄くても着床します。

 

 

結局、妊娠に必要なのは、

 

 

妊娠できる生命力がある質のよい卵子

 

 

なんですね。これに気がついたのが遅かったんですよ、私。だから不妊治療が長引いてしまったんですよね・・・。

 

 

もっと早くこの事実を知っていたら、もっと早くママになっていたのにな、って思います。

 

 

今これを見ているあなたには私のように遠回りをしないでほしなって思っています。そのためにも、妊娠に必要なこと、知識など色々お伝えしていますので、参考にしてくださいね。